聖書に学ぶ育児の知識⑥〜『あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ』伝12:1〜

『あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ』伝12:1

ソロモンは最高の権威と知恵を持った王様であり、学者であり、快楽も味わい(妻が700人、そばめが300人)事業を拡張したビジネスマンとしても大成功をしました。

しかしなんと告白したかというと『空の空。伝道者は言う。空の空。すべては空。 』むなしいと告白しています。


私たちは成功すれば幸せ!!お金があれば幸せ!!好きな人と結婚できれば幸せ!!したいことができれば幸せになれると思っていて、子どもにもそう教えていないでしょうか?

しかしそれらすべてを手にしたソロモンの告白が『むなしい』であり『あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ』であったことを心に留めて頂きたいと思います。




「手のかからない子がいい子だなんて、そんなのは大きな間違いですよ。人生のどこかで、親は子どもにたっぷり手をかける必要があるんです」

息子は本当に手がかかりました。赤ちゃんの時は下ろしたら起きちゃうので、ずっとお腹の上で寝かせていました。ベビーカーに乗せると泣くので、いつも抱っこでした。夫が月一で一週間出張に行っていましたが、チャイルドシートにも大泣きして乗らないのでどこにも行けない時もありました。お散歩に出かけると2時間はウロウロしていて、そのうち一時間は石を投げているのをずっと見ていないといけない時間もありました。(他のことをしていると息子に注意されました)




この間書いたように息子は私に指示してコントロールしようとしてきました。これ以外にもたくさんあります(笑)なのでストレスで息子が寝た後に甘いものを食べる様になり太りました。

私はあまり手がかからない子がものすごく羨ましくて、いつもいいなーと思いながら見ていました。しかし「手のかからない子がいい子だなんてそんなのは大きな間違いですよ」と知り、心が楽になりました。




今日の一口メモ📝 5歳までにお魚をたくさん食べさせると頭が良くなるそうです。『脳の神経細胞の20%は魚に多い脂から出来ているので、脳が出来上がる5歳までにたくさん食べると神経細胞の増加に役立ち、5歳以降も魚を食べると脳の働きを強化できるそうです。それと胎児の脳は妊娠3~4週間で作られるので、その時にも魚を多く食べた方がいいそうです。』私は冷凍の魚を何種類か常備していて、おかずが少ない時とか料理が面倒な時は焼いて食べさせています。とても便利です。

ブログトップへ戻る



この記事は「新宿キリスト教会」からご提供いただいております。

新宿キリスト教会ブログトップ

33回の閲覧0件のコメント