私に救いはないんですか?と思ってたら、ありました。

私に救いはないんですか?と思ってたら、見つけました。



誰しも、生きながら、「この人は私の命の恩人だ…」「この人が私の救い主だ…」などと感じる瞬間があると思います。


最近、私がニュースを見ながらよく聞く言葉があります。


「このアイドルが私の救い主なんです。」


この言葉を聞いた瞬間、衝撃と同時に、私の数年前の記憶が突然甦りました。





私は数年前、あるアイドルの追っかけをしていました。

若者の言葉で言うと、いわゆる「オタ活」とも言います。

最近はよく聞く様になった言葉だとは思いますが、推し(好きなアイドル)が私にもいました…笑


私は当時、何を思っていたかわかりませんが、よく疑問に思うことがありました。

「私は誰のために生きているんだろう」と。


そう。その時、私には生きる目的がありませんでした。自然と時が経つにつれ、私の心は荒んでいき、未来の希望を持つことが出来ない若者になっていました。


ですがそんな時、私の目の前に「救い主」だと思わせるような存在が現れました。

それがアイドルでした。


私は気が付いたら、そのアイドルを好きになっていて、気が付いたら、完全にその沼に落ちていたのです…笑


どうやって好きになったか、なんて覚えてなくて、ただ、気がついたら好きで、気が付いたらその人達のために生きたい、と言うように思っていました。


その日から推しのために生きる人生はなんだか、自分が前より輝いている気がして、すごーーく楽しかった日々でした…。

いつか彼らに会える、そんな希望を抱いて生きていました。


きっと、一回も推しを見つけたことのない人には分からない感情だとは思いますが、私はアイドルのことを「救い主」だと言う人の気持ちがよーーーくわかります。私がそうだったから…






ですが、、、、、

彼らが「本当の救い主」では無いことに気がつく事件がありました。


そうなのです。彼らはあくまで「人間」なので残念ながら、彼らには「永遠」や「絶対」と言うものは存在しません。


私の1人の推しが活動を休止し、もう1人の推しが急性肺炎で亡くなりました。


その瞬間の私の中には絶望しかなく、もう私には生きる理由がないのでは?と感じさせる何かがありました。


その時に私はクリスチャンスクールに通っていたので、聖書を読み、みことばを聞いていました。


その時に私の心にぶつかったみことばがありました。



使徒4:12 
この方のほかに、救いはありません。わたしたちが救われるべき名は、この名のほか、天下のだれにも与えられていないからです


この聖書箇所は私に衝撃を与えました。

キリスト以外に救いは無いのです…。

昔なら「いやいやいや…アイドルも救えるから…何言ってんのー…」と思った私ですが、

アイドルの中に「永遠」がない、と悟った日、

「本当にキリストだけが救い主なんだなぁ…」と若いながらにもキリストが唯一の救い主であること、確認し、確信したことをよく覚えています。





こんなことを思い出しながら、「神様が私にこんな過去を作らせたのは、世の中にいる沢山の『救い主』を探している人達に証するためなのか…」としみじみ感じました…。


皆さんも是非、あなたの親しい人に聞いてみてはどうですか?


「あなたの救い主は誰ですか?」と。



</