クリスマス前に読みたい福音のメッセージ①

今年もまた、クリスマスの季節がやって来ました。

この時期を、新型コロナウイルスなどによる、生活の変化や不安を抱えながら過ごしておられる方も、いらっしゃるかもしれません。なかには経済的な困難や失望のなかで、いのちを断ちたいという瀬戸際にまで、追い込まれている方もいらっしゃるかと思います。


さまざまな状況の中にいらっしゃる皆さんに、本当のクリスマスの意味を知り、確かな希望と喜びを味わいながら、クリスマスを迎えていただきたいと願いながら、このメッセージをお送りします。


2020年のクリスマス、まことのいのち、まことの光が宿る祝福が、皆さんの上にゆたかにありますように。

クリスマスは、『Christ(キリスト)+Mass(礼拝)』すなわち、キリストの誕生をよろこび、礼拝する日です。なぜキリストの誕生が、これほどまでに世界中で祝われるのか。キリストとはどのような方で、皆さんとどのような関係があるのか。それを知るために、聖書のはじまりから、ともに見ていきましょう。 『すべての人は罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず』(ローマ人への手紙3章23節) 神様がつくられた最初の人間アダムは、悪魔(サタン)に誘惑されて神様との契約をやぶり(原罪)、神様から離れてしまいました。


神様の霊を与えられ、祝福のなかで生きていた人間は、このときから『罪びと』となり、悪魔の支配のなかで生きるようになります。私たちは生まれたときから、罪びととして悪魔に支配され、罪から来るのろいと災いを受けながら生きているのです。そしてついには、神様から離れたまま、地獄で滅びる存在となってしまったことが、聖書にしるされています。 また、本当の神様がわかりませんから、木や石で像(偶像)をつくり、自らつくったものを拝みます。それによって悪霊とまじわり、災いがきていることを、多くの人はわかりません。


生きている間も、のろいと災いのなかで苦しまなければならず、たとえ一生を素晴らしく過ごしたとしても、死後に地獄に行くしかない存在となってしまったのです。どんな宗教も良いおこないも、この問題から私たちを救い出すことはできません。これらの問題は、子孫代々にまで受けつがれていくのです。


しかし神様は、人間がそのように滅んでいくことを望まれませんでした。

『神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。』(ヨハネ福音書3章16節)


神様には、ひとり子がおられました。世のはじめからおられたその方が、今から約二千年前、人間としてこの世に来られたのです。その方は、何のために来られたのでしょうか? それは私たちが、自分ではどうあがいても解決できない、根本的な問題をすべて終わらせてくださるためでした。


神様から離れ、地獄に行かなければいけない問題、悪魔に支配されている問題、そして、原罪からくる、のろいと災いを受けなければならない問題。人間が抱えていた、根本的な問題をすべて解決してくださったその方が、世の救い主(キリスト)なのです。 ブログトップに戻る

宗教法人
​麻布福音教会

Tel : 03ー3865ー4442

azabu.gospel.church@gmail.com

東京都台東区浅草橋3ー11ー8福音ビル

JR総武線浅草橋駅西口から徒歩7分
都営浅草線浅草橋駅A4出口から徒歩7分

​お問い合わせ

  • Instagramの社会のアイコン
  • さえずり
  • YouTubeの
  • Facebookの社会的なアイコン

©2020 Azabu Gospel Church ALL RIGHTS RESERVED.