生きづらさについて考えていたら、答えを見つけました。

何となく生きづらい…


何で大変なんだろう…


何で疲れるんだろう…


っていう答えのない質問を持っているのなら、読み続けるときっと答えがあります。



私の紹介を少ししましょう。

私は韓国人の親元で韓国に生まれ、物心つく頃に日本へと移住して今に至ります。

普通の子供と同じく、質問の多い子でした。

0か100か、白か黒か、好きか嫌いか、そういうはっきりした子でした。


幼稚園の頃からうっすら自分が感じていました。

「何で仲良しになれないんだろう?」


小学生の頃にふと思いました。

「みんなとはきっと分かりあうことはないのかな?」


思春期の頃には悩みました。

「人間の距離が縮まってもなんか遠いな」

「周りに認められるように頑張らなきゃ」

「自分が変わらなきゃ。生き残るために」

「あ、これならうまくいきそうだ。」

「せっかく1番になれると思ったのに。なんて惨めなんだ。」


ブログトップへ戻る

60回の閲覧0件のコメント