聖書が教える救いとは?⑦〜恵みのゆえ、信仰によって救われた〜

【エペソ人への手紙 2:8−9】

8 あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身からでたことではなく、神からの賜物です。 9 行いによるのではありません。だれも誇ることのないためです。


前回は創造主であるキリスト教の神様と人間が作ったそれ以外の神様の違いを説明しました。人間は、自らが石、木、金属で作った神様に助けを求める傾向が強くあります。


一方、唯一の創造主神様は、初めの人間アダムが堕落した後、アダムのところにきました。アダムがお参りをしに行ったわけではありません。


【創世記 3: 9】

9 神である主は、人に呼びかけ、彼に仰せられた。「あなたは、どこにいるのか。」



カインが呪われイバラ、アザミで覆われたちを耕し、ついには衣食住のために弟アベルを殺した後もそうです。神様が来られました。


【創世記4:8− 9】

8 しかし、カインはアベルに話しかけた、「野に行こうではないか。」そして、ふたりが野にいたとき、カインは弟アベルに襲いかかり、彼を殺した。 9 主はカインに、「あなたの弟アベルは、どこにいるのか」と問われた。カインは答えた。「知りません。私は、自分の弟の番人なのでしょうか。」

神様が直接きました。人間は罪を犯すと隠れ、逃げます。良心の呵責のため、神様の前に立つことができません。でも神様が来てくださいました。来た神様は何をしたでしょうか?これから私(神様)にあうためにはこうしなさいよ。本来であれば罪を犯した人間が死ななければならなかったところですが、動物を生贄とすればあなたの全ての罪を許しましょう。と言われました。


アダムが罪を犯した後、アダムのところにこられた神様は、アダムに動物の皮で作った服を着せました。皮は腐らないので、原語の聖書では「罪を覆い隠す」という意味です。旧約では神様に会うために「血の生贄」を捧げる必要がありました。イスラエル人が400年間エジプトで奴隷生活を送った時も、その境遇を抜けだした、出エジプトを果たしたのは「血の生贄」によるものでした。




エジプトを出た後も、荒野で捧げ物としていつも血の生贄を捧げていました。同じようにイエス・キリストの十字架の死も全ての血を流してあなたや私の代わりに死ななければなりませんでした。なんで「血の生贄」が必要だったのでしょううか?血には命があるからです。「いのちを流さなければならなかった」ということです。血が流れなければ罪の赦しはなかったんですね。ですから神様イエス・キリストは命を救うために血を流しました。


イエス・キリストが刑死した時も十字架の上で槍で刺されて全ての血を流して死なれました。旧約に基づき動物が血の生贄として死ぬのと同じ方法でイエス様も死なれました。イエス・キリストが来たというのは、すなわち神様がやってこられたということです。神様がきたんです。


宗教は人間が自分たちで決まりごとを作ってそれを守ろうとするのですが、キリスト教では、神様が人間に聖書を与えました。


聖書は神様に関する全ての法則が書かれています。聖書は記載内容を遵守するためにあなたや私に与えられたものではありません。あなたや私人間は聖書に書いてあることを遵守して生きることができません。




【ローマ人への手紙 3:10】

それは、次のように書いてあるとおりです。「義人はいない。ひとりもいない。


書いてあることを遵守するために与えられたものではなく、「見て信じる」ために与えられました。


【創世記 3 : 15】

15 わたしは、おまえと女との間に、また、お前の子孫と女の子孫との間に、敵意を置く。彼は、お前の頭を砕き、おまえは、彼のかかとにかみつく。」


人間が神様から離れたその瞬間から「女の子孫を送る」と言われた。旧約聖書ではずっとこの話がされています。なぜキリストがこられなければならないのか、ずっと預言がされています。繰り返し繰り返し何度も何度も。旧約の時代にはモーセの律法があったけれども、イエス様が十字架にかかって死んだことによって、その律法を完成させました。

私たちは立法を守るのではなく、恵で信じる、救われるのです。




人間の努力ではすぐ限界がきます。信仰で生きることが必要です。その信仰もエペソ2:8ー9を見てみますと、


【エペソ人への手紙 2: 8 − 9】

8 あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身からでたことではなく、神からの賜物です。 9 行いによるのではありません。だれも誇ることのないためです。


「恵」にって救われた。行いによるのではない。と書かれています。行いで救われるのはありません。宗教を信じている人は、努力や行いで何かをすれば、達成すればいいのではないかと思ってしまいます。救いは神様の恵でイエス・キリストを信じられるようにされたこと。これ救われるということです。


整理しますと、

祝福は行いによります。

信仰は救いです。


ブログトップに戻る

宗教法人
​麻布福音教会

Tel : 03ー3865ー4442

azabu.gospel.church@gmail.com

東京都台東区浅草橋3ー11ー8福音ビル

JR総武線浅草橋駅西口から徒歩7分
都営浅草線浅草橋駅A4出口から徒歩7分

​お問い合わせ

  • Instagramの社会のアイコン
  • さえずり
  • YouTubeの
  • Facebookの社会的なアイコン

©2020 Azabu Gospel Church ALL RIGHTS RESERVED.