解説!ローマ人への手紙⑥〜心に信じて義と認められ、口で告白して救われる〜

10:10人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。 


ローマ人への手紙10:10です。あなたが心でキリストを信じれば、神様があなたを義人としてくださいます。口で告白すればその瞬間に神様はあなた私たちに救いを与えてくださいます。


「受け入れ」祈りはすごく大事です。

【受け入れ祈り】 神様ありがとうございます。わたしを救うためにキリストとして来てくださって、十字架で死んで蘇り、全ての問題を解決してくださったことを信じます。 今、心の扉を開いて、イエス様をわたしの救い主、わたしのキリストとして受け入れます。今までのすべての罪を許してくださってサタンの力から、わたしを救い出してください。これから、神様の子供になった祝福を味わって生きることができるように。 イエスキリストのお名前によってお祈りします。アーメン

受け入れることはもちろん大事ですが、ただ受け入れるだけではなく、その御言葉がどのようなことを意味しているのかをわからないといけません。それで口で告白すれば救われるわけです。この福音がどれだけ重要でしょうか。


キリストを信じているという方の中にも、本当にキリストを理解しているかと考えると怪しいと考えるべきです。なんだかキリストが貶められたかたちで理解されている例はたくさん見つかります。神秘主義的、ご利益主義的祈りの対象、善行の見本、律法を押し付けるための口実のような感じにです。


このような考え自体が霊的な病気です。あなた私たちは本当にいつも心で、イエスがキリストだと信じなければなりません。そうすれば神様はあなた私たちを義としてくださいます。


あなたが神様の子供であること、私の人生は神様が責任を完全にとってくださることを信じなくてはなりません。どうしたらいいかわからなかったら、イエス様を受け入れて、イエス様の御名で祈ってみてください。あなたに限界が来たのなら、受け入れ神様の子供となったあなたに神様は私に「天使を送る」と約束してくださっています。

イエスを信じ受け入れたあなたが行くところ暗闇の勢力は砕かれるように約束されているのです。なぜでしょうか?受け入れたあなたのうちに神様の聖霊がおられるからです。ですからイエス・キリストを信じると何かがうまくいく、肉身的にうまく行く、そこに反応するのではなく、「神様が私のバックグランドであること」を理解して確信して生きることが必要です。


上から来る権能、恵み、上から与えられる神様の能力を持って生きるべきだと確信を得た時、あなたの今の霊的な状態が変わるその日、神様が働かれ、あなたの人生の責任を取られるようになります。それを見失う時、あなたや私たちは自分の頭で計算をしてしまいます。そのメッセージを見失う時、いつも自分の心には抱いたもので生活をしてしまいます。それは神様とは方向があいません。


そんなにイエス様を信じているのに神様とは会わない。だからあんな問題、こんな問題がくるということがわからないでしょうか?それをさして霊的な無知、霊的に鈍感であると言います。ローマ人への手紙のメッセージは私たちを福音の体質にしてくれます。そのためにパウロがこの手紙を書いたんです。イエスを信じ受け入れるあなた私たちは神様が創造前から選ばれたということを信じてください。あなたや私たちが救われたのは、神様が永遠より前に救われるように定められたからです。だから救われたんです。私たちの救いは、神様の一方的な恵みによるのです。



ブログトップへ戻る

宗教法人
​麻布福音教会

Tel : 03ー3865ー4442

azabu.gospel.church@gmail.com

東京都台東区浅草橋3ー11ー8福音ビル

JR総武線浅草橋駅西口から徒歩7分
都営浅草線浅草橋駅A4出口から徒歩7分

​お問い合わせ

  • Instagramの社会のアイコン
  • さえずり
  • YouTubeの
  • Facebookの社会的なアイコン

©2020 Azabu Gospel Church ALL RIGHTS RESERVED.