私への神様の人生プランー結婚編

私への神様の人生プランー結婚編


約2年とちょっと前、、

教会で出会った青年と結婚しました。

と!結婚生活の本題に入る前に今日はちょっと、序論!


私は幼い時から、

ディズニーのプリンセス映画をたくさん観たり、

少女マンガをよく読む女の子でした。

現実ではいつも、好きな男の子がいたり、頭の中では妄想したり。


こんな恋愛、こんな結婚、、いつも憧ればかり。勉強はしましたが、勉強する傍ら、関心はいつもそこにありました。


神様が出会わせてくれた人と、ちゃんと導きを受けて結婚する!自分勝手には絶対しない!頭ではわかっていても、

実際には自分の欲求通りで、

神様が与えてくれた出会いかも!?と自分勝手に考えながら、何回も何回も自分の考えに流されたまま動いていました。




考えてみると、

結局は根っこの部分で、淋しさがありました。そして、欲求です。

本来の人間は神様から離れて、暗闇、混沌、むなしさがあったから、私はいつも淋しさ、虚しさを人で埋める。

好きな人、アイドルで埋める。旦那ができれば旦那!!

考えはいつもそこにあって完全に執着です。欲求通りしたい。




しかし、 みことばを通して、神様は教えてくれました。

キリストを通して救われた私はもうここから離れた者です。


神はこのように,


人をご自身のかたちに創造された。


神のかたちに彼を創造し,


男と女とに彼らを創造された。


創1:27


神様の霊が共におられる者として、そのかたちを回復。たましいが回復された。


確かに、たとえ、旦那さんがいても、

友達といても、親といても、淋しさがなくなるわけではありませんでした。

人といるから淋しくないのではありませんでした。

欲求を満たすから本当の満足なのではありませんでした。

神様以外に集中するなら、それは執着でした。



神様の霊が私と共にある姿を回復した

それがわたしの本来の姿で、他で満足できない。主が共におられることが私の満足なのです。

でも肉の体質は残ってます。

だから、毎日、

私と、家門に働く暗闇、サタンを踏みくだきます。