聖書が教える救いとは?①〜万物の創造〜

「聖書が教える救いとは?①〜天使の堕落と万物の創造〜 」


この記事から続けて聖書が教える救いとは何なのかを説明していきたいと思います。「救い」って何ですか?と聞かれても、何が救いなのか、サッと答えられる人は少ないのではないでしょうか?人間の問題はどこからきて、神様はそれをどう解決されるのか?そのことについて説明していきます。まずは天地創造からです。

最初、神様は万物を創造されました。

【創世記1章】

1 初めに、神が天と地を創造した。 2 地は茫漠として何もなかった。やみが大水の上にあり、神の霊が水の上を動いていた。 3 神は仰せられた。「光あれ。」すると光があった。 4 神は光を見て良しとされた。神は光とやみを区別された。 5 神は光を昼と名づけ、やみを夜と名づけられた。夕があり、朝があった。第一日。

万物は誰のために創造されたのでしょうか?あなたや私たち人間のために創造されました。そしてあなたや私たち人間は神様のために創造されました。創世記1:27に「27 神は人をご自身のかたちとして創造された。神のかたちとして彼を創造し、男と女とに彼らを創造された。」とあります。


 更に創世記1:28「神は彼らを祝福された。神は彼らに仰せられた。「生めよ。ふえよ。地を満たせ。地を従えよ。海の魚、空の鳥、地をはうすべての生き物を支配せよ。」神様が私たち人間のために全ての万物を創造されました。人間に与えられた祝福は2種類あって神様に会うという霊的な祝福と、肉的な祝福です。この二つのバランスがマッチするときに人間は幸せです。これが初めの人間でした。神様は全ての万物をしっかり作った後に人間を創造されました。神様は早い雨、遅い雨を通じて神様が作られた万物を養って管理されています。そのことを神様の恵と言います。神様の恵みによって全ての万物が養われるわけです。私たちをこの万物をもって神様を見上げる、栄光を捧げるように創造されました。人間は、霊的祝福と肉的な祝福をバランスよく受けることが必要です。


信仰熱心な人が霊的祝福だけを強調しても幸せになることはないでしょう。あなたの健康や経済的な側面が弱いと霊的な部分も揺れてしまいます。だから人間はバランスがあっていなくてはいけません。万物はあなたや私、人間のためにあります、同じように人間は神様のためにあります。そして神様はこの霊的祝福と肉的祝福のバランスを合わせるために一つの約束を与えられました。それが「契約」です。




創世記2章17節「17 しかし、善悪の知識の木からは取って食べてはならない。それを取って食べるとき、あなたは必ず死ぬ。」とあります。善悪を知る木のみはなぜ存在するのでしょうか?ご理解いただくためにまず「天使」をご説明することが必要です。


 ブログトップへ戻る

宗教法人
​麻布福音教会

Tel : 03ー3865ー4442

azabu.gospel.church@gmail.com

東京都台東区浅草橋3ー11ー8福音ビル

JR総武線浅草橋駅西口から徒歩7分
都営浅草線浅草橋駅A4出口から徒歩7分

​お問い合わせ

  • Instagramの社会のアイコン
  • さえずり
  • YouTubeの
  • Facebookの社会的なアイコン

©2020 Azabu Gospel Church ALL RIGHTS RESERVED.